「次世代遺伝子解析装置を用いた難病研究」

平成25年度第1回ワークショップ

 

日時:平成25年8月24日(土曜) 13時 ~ 17時00分
会場:京都大学医学研究科構内 芝蘭会館
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm

 

<プログラム>

セッション1 <難治性疾患の原因遺伝子変異データベース>

13:00 ~ 13:10

                  厚生労働省からの挨拶

                   厚生労働省健康局疾病対策課課長補佐                                田中 桜

 

13:10 ~ 13:30

                  プロジェクト全体の進捗について

                   京都大学大学院・医学研究科附属ゲノム医学センター                        松田 文彦

 

13:30 ~ 13:50

                  コントロールデータベースに関する話題

                   横浜市立大学大学院医学研究科 遺伝学教室                             松本 直通

 

 

 

セッション2 <次世代シークエンサーを用いた難病の遺伝子探索>

13:50 ~ 14:10

                   次世代シークエンサーを用いたヌーナン症候群における新しい病因遺伝子の同定

                   東北大学大学院医学系研究科/(独)国立成育医療研究センター                 松原 洋一

 

14:10 ~ 14:30

                   次世代シークエンサーを用いた孤発性の神経難病の発症機構の解明に関する研究

                   神戸大学大学院医学研究科 神経内科学/分子脳科学                       戸田 達史

 

14:30 ~ 14:50

                  次世代解析技術を用いた神経疾患の原因究明

                   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 神経病学講座                         高嶋 博

 

14:50 ~ 15:10 休憩

 

セッション3 <全ゲノム解析の進捗と今後の遺伝子検査のあり方>

15:10 ~ 15:30

                   次世代シーケンサーを用いた遺伝子検査の提供体制の在り方

                  遺伝性網膜疾患の原因遺伝子の解明

                   東京大学大学院医学系研究科 神経内科                                 辻 省次

 

15:30 ~ 15:50

                  成育医療のゲノム解析拠点形成

                   (独)国立成育医療研究センター 再生医療センター                           梅澤 明弘

 

15:50 ~ 16:10

                  NGSの臨床応用にむけた取り組み

                   慶應義塾大学医学部 臨床遺伝学センター                                 小崎 健次郎

 

16:10 ~ 16:50 総合討論

                  今後の難病研究の戦略

                  質疑応答

 

16:50 ~ 17:00

                  閉会の挨拶

 

 

【お問い合わせ先】

京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センター

Tel: 075-751-4157/Fax: 075-751-4167